東成区の暮らしの情報

東成区の学校選択制の概要

<h3>学校選択制は、入学する学校について、子どもや保護者の希望を聴き、学校が受入可能な人数の範囲内であれば、その希望を尊重して入学する学校を決める制度です。<h3>
◆小学校=隣接区域選択制 お住まいの校区の学校と隣接する校区の学校(区内)から選択可能
◆中学校=自由選択制    区内のすべての学校から選択可能

・入学を希望する学校の調査を行います。2校まで希望できることとします。
・入学希望者が学校の受入れ可能な人数を超える場合は、公開抽選により入学者を決定します。
・校区にお住まいの方は、抽選なしで入学できます。
・校区外の学校の抽選に漏れた場合でも、お住まいの校区の学校には、必ず入学できます。
・校区外の学校への通学時の安全確保は、保護者の責任となります。通学は、原則徒歩。例外的に公共交通機関を利用する場合、費用は保護者負担です。自転車の利用は禁止です。

なお、「きょうだい関係」「自宅からの距離」「進学中学校」を抽選の優先にするか検討してきましたが、東成区では優先とはしないこととしました。

指定外就学の基準

・一定期間以内に住宅の新築や購入により転居することが確実な場合で、あらかじめ転居先の学校への就学を希望するとき
・住宅建て替え等に伴う一時的な転居で、従前の居住地に戻ってくることが確実な場合で、引き続き従前の学校への就学を希望するとき
・学年中の転居で、学年末までの間、引き続き従前の学校への就学を希望するとき
・転居が小学校4年の最終学期終業式以降または中学校1年の最終学期終業式以降である場合、卒業までの間、引き続き従前の学校への就学を希望するとき
・小学校の児童で、保護者の就労等により留守家庭児童となり、保護者不在時に本人の在宅が困難な場合で、保護者の勤務地の通学区域の小学校、または、保護者に代わる親族の住所地の通学区域の小学校へ就学を希望するとき
・市外の児童生徒が大阪市立の小学校又は中学校の院内学級等に入級するとき
・通学区域外で本市が指定する小学校又は中学校の特別支援学級に就学するとき
・いじめにより心身の安全が脅かされるような深刻な悩みを持っている児童生徒およびその保護者が転校を希望するとき
・長期の通院加療等、心身的及び家庭的な事情により特に教育的配慮を要するとき
・指定外就学を認められた兄もしくは姉を持つ児童生徒が、兄もしくは姉と同じ小学校または中学校へ就学を希望するとき
・小学校卒業まで指定外就学を認められ、中学校へ進学する生徒が、卒業した小学校の進学中学校への就学を希望するとき
・通学上の安全確保に著しい支障が生じると認められ、特に配慮する必要があるとき
・その他、特に教育的配慮を要すると認められるとき

大阪市東成区周辺地図


特集 - 購入のお客様

マンション

一戸建て

  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク